Mar 23, 2007

崖の上のポニョ

以「金魚公主」為主題的宮崎動畫新作「崖の上のポニョ」(懸崖上的寶妞?)將於明夏上映

 東寶電影公司在19日發布的新聞中指出,由宮崎駿監督的最新動畫電影「崖の上のポニョ」將於明年夏天上映。

 這是自2004年創下1500萬人觀影紀錄的「霍爾的移動城堡」以來,宮崎監督睽違四年的最新力作。

 「崖の上のポニョ」是一部描述「祈望成為人類」的金魚公主寶妞,和五歲男孩宗介之間種種交流的作品。

 由於宮崎監督在2005年春天暫居瀨戶內海一帶時,對當地的風景甚是喜愛,是故此回選擇了海邊作為故事的舞台。而據吉卜力的製作人鈴木敏夫指出,故事的靈感來自於曾經發表「地海戰記」的宮崎監督長男--吾朗在五歲時的種種回憶。
 
 此次的作品製作將不採用電腦繪圖,而是以水彩畫和粉蠟筆的手繪風格表現。製作人鈴木表示,「由於電影中有七八成都是以海洋為背景,能否以手繪風格成功表現海洋和波浪,將是監督此回面臨的挑戰」。

---------------------------------------------------------
宮崎アニメ新作は金魚姫、「崖の上のポニョ」来夏公開
(2007/3/19 讀賣新聞)

 東宝は19日、宮崎駿監督の新作アニメーション映画「崖の上のポニョ」を来年夏に公開すると発表した。

 宮崎監督の新作は、2004年に公開され、1500万人動員のヒットを記録した「ハウルの動く城」以来、4年ぶりとなる。

 「崖の上のポニョ」は、「人間になりたい」と願う金魚姫のポニョと5歳の男の子、宗介の交流を描いた作品。

 宮崎監督のオリジナルで、05年春に住んだ瀬戸内の風景が気に入り、海辺を舞台に選んだ。スタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサーによると、宮崎監督の長男で映画「ゲド戦記」を監督した吾朗さんが5歳だったころのことが、基になっているという。

 今回は、作画にコンピュータを一切使わず、水彩画やパステル画風の手書きで表現する。鈴木プロデューサーは「7、8割が海が舞台。手書きでどんな海や波が表現できるのか。それが監督の挑戦」と語った。

[1] 吉卜力Blog
[2] 讀賣新聞原稿
Post a Comment