Jul 28, 2006

ブログ:868万人 情報発信の場定着

部落格 868萬人落腳於資訊傳播空間

在網路社群大量浮現、共同合作行動逐漸擴張的背景之下,開始關照實踐「全民傳播資訊」理念者亦隨之增加。

部落格只需透過文字書寫便可建構個人網頁空間,並可佐以相片的運用介紹嗜好與身邊瑣事。此外,部落格內亦付有意見回饋功能,並可輕易導向其他網站中的相關資訊。根據情報通信白書的資料顯示,截至2006年3月,持有部落格的網路使用者已經高達868萬人。

以部落格作為主要搜尋對象的Technorati公佈的一份調查顯示,到今年7月為止,全世界至少有五千萬個部落格存在。而據其於4月發表的報告顯示,儘管開台未久便停止活動的情形不在少數,但泰半以上的部落格在開設三個月後仍然持續進行新文章的發表。部落格內存有的資訊量是以半年為單位倍數增長,和三年前相較,如今成長已達六十倍之多。

值得注意的是,日本被稱為部落格界的頂尖跑者之說正在浮現。今年1月間,部落格中發表的內容有32%為日文書寫,較英文書寫的31%為多,據推測可能與日人以手機發文情形頻繁有關。

十年來持續在網路上發表經濟解說與社會評論的的住信基礎研究所主席研究員伊藤洋一分析,「踏出資訊傳播的第一歩雖然需要勇氣,然經閱覽獲取認同所帶來的喜悅,以及其不斷持續的累積,將有益於助長前述良性循環的出現」。
-------
ブログ 868万人 情報発信の場定着

ウェブのコミュニティーが数多く作られ、共同作業が広がった背景には、誰でも情報発信の考えを実行に移す人が増えたことがある。

文字を書くだけで自分のウェブサイトが作れ、趣味や身辺雑記などを写真も添えて紹介できるのがブログ。コメントをつけたり、別のサイトにある関連情報に誘導したりすることも簡単にできる。情報通信白書によると、06年3月現在でブログを持つネット利用者は868人にのぼる。

ブログを対象とした検索サイト「テクノラティ」(米国)の調査では今年7月現在で、世界に約五千万のブログが存在する。4月発表のリポートによると、いったん作っても活動を中断してしまう場合も多いが、半数以上のブログが開設後三ヶ月たっても新規の書き込みを続けているという。部ログ全体が持つ情報量は、半年で倍になり、三年前と比べ60倍に成長した。

日本はブログのトップランナーという興味深い結果も出ている。今年1月にブログに新しく書き込まれた記述は、32%が日本語で、31%の英語よりも多い。日本人は、携帯電話からも投稿するケースが多いためのようだ。

経済解説や社会時評をネットに書き続けて10年になる住信基礎研究所の伊藤洋一主席研究員は「情報発信の最初の一歩を踏み出すには勇気がいるが、閲覧されて自分の存在が認めてもらえるのはうれしい。その積み重ねが、好循環を呼んでいる」と分析する。(朝日新聞 2006/07/2二版)
Post a Comment